募集職種一覧 住環境紹介 FAQ キャリア登録

まったく新しい製品を世に送り出す夢のある仕事
デバイス開発チームでは、弊社の強みである高分子材料を川下製品に応用するための研究を行っています。一口にデバイス開発と言っても、素材生成からファブリケーション、アッセンブリーまで、いくつものステップがあり、チームにはさまざまな専門知識を有した研究開発スタッフが所属していますが、この職種が担うのはフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)回路設計や画素駆動回路設計などです。今日設計したものが一年後には世の中に出回る、という単純な話ではありませんが、常に製品化を念頭に置いて研究開発に励んでいます。既存の製品ではなく、独自のアイデアを盛り込んで、世の中にない新しい製品を作り出す夢のある仕事といえるでしょう。



高度な専門知識と数年以上の実務経験が必須
FPDの駆動回路設計や画素回路設計、アクティブ・マトリクス・ディスプレイの回路設計などに関する専門知識が求められます。当然そのバックグラウンドとして、電気・電子回路に関する高度な知識が必須ですが、大学で電気・電子回路からFPDの回路設計までを専門的に修めている人はほとんどいないでしょうから、基本的には学生時代の知識をベースに、当該ジャンルで数年間社会人として実務経験を積んでいる必要があります。また、チームとして開発に取り組むので、協調性は欠かせない資質ですし、独自性の高いアイデアを出せることは回路設計のみならず、チームワークという観点でも求められるスキルです。

8:30〜12:00
出社後約30分間は自分のデスクに向かい、当日の作業計画を立てたり、メールチェックなどを行ったりします。9:00ころから研究開発をスタート。専用の機器を用いてFPDの回路設計などを行い、その特性を評価します。
13:00〜15:00
昼食後は午前に引き続き、液晶や有機EL、プラズマといったFPDの回路設計や特性に関する評価を行います。ただし、毎週木・金曜日の13:00〜13:30はスタッフ全員で行う安全に関するミーティングに参加します。
15:00〜16:00
デバイス開発チームで行うミーティングに参加します。それぞれが担当業務の進捗状況を報告し、情報を共有します。また、独力では解決できない技術的な問題について話し合ったり、相談したりすることもあります。
16:00〜17:30
専用データベースにアクセスして特許文献を調べ、必要があれば特許明細書案を作成します。定時は17:30ですが、成果が求められる仕事ですから、仕事の進み具合によって、自分の判断で残業することもあります。

・この職種の社員について知る